【梅雨の時の畳のカビについて】

梅雨の時期に気になるのは、カビですよね!?

カビは、時期的には湿気の高い状態が続く6月~9月の時期が一般的です。

また、畳表が新品の状態(1年~2年位)に発生・繁殖しやすい傾向があります。

カビの胞子(非常に小さく目で確認できない)が空気中から畳表に付着し、
カビの発生条件を満たすことで畳表に繁殖します。( これは、風呂場や室内の壁紙クロスなども同じです。)

 

カビの発生条件は、温度・湿度・空気(酸素)・養分です。(ダニの繁殖条件とに似ています。)
室温が20~30度で、湿度が75%以上の状態が継続的に続いた場合にカビが発生しやすくなります。

天然イ草の畳表は、湿気の吸収・放出を自然に行い、
「湿気を調節」「空気中のホコリを吸収付着」する性質を持っています。
当然これは日本の風土からすると快適なのですが、
湿度が高い状況が続く場合は、どんどん湿気を吸収してしまいます。
新しい畳表ほど表面が柔らかくて水分を吸いやすく、イグサの吸収できる限界を超えてしまいやすいので、
新しい畳(畳表)ほどカビが発生・繁殖しやすいというわけです。
(古く使われた畳表はイ草が潰れてこの機能が衰えます。)

●カビが多く発生しやすいのはどんな時でしょうか?
・昼間留守で和室を締め切っている。(共稼ぎなど)
・梅雨・夏季は多湿・高温である。(梅雨に湿気が高く、8月に夏日が続くなど)
・建物床下が湿気の要因を持っている。
・お部屋の風通し、日当たりが悪い。
・お部屋にタンスなどが多く、室内の風通しが悪い。
・気密性が高いコンクリートマンション系の建物で、締め切りが多い。
・畳の上に何か敷物をしている。

 

●カビが発生してしまったら……
・掃除機とから拭き
天気の良い日に窓を開ける。
畳目に沿ってゆっくりと掃除機かけて吸い取る。
畳目にそって乾拭きをする。これを4回程度繰り返す。
掃除機は、手で持ち上げてゆっくりとかける。
掃除機のファンでカビの胞子が舞わないようになるべく気をつける。

・エタノールを使う
まずは、手袋とマスクを着用して行います。
エタノールを原液のまま霧吹き用スプレーに入れます。
畳にエタノールを吹き付けます。
畳の目に沿ってタワシで軽くこすります。
浮き出たカビを掃除機で畳の目に沿って吸います。
再度エタノールを吹き付け、タオルで拭きあげます。
終わったら、エアコンや除湿器、扇風機などを使ってよく乾かします。

・酢による除菌
カビ発生後の除菌として、酢で拭き取る方法も効果があると言われています。
酢を10倍程度薄めたもので水拭きをします。硬く絞った雑巾を軽くコスルように拭き取ってください。
仕上げは、乾いた雑巾でから拭きします。
終わったら、アコンや除湿器、扇風機などを使ってよく乾かします。

≪やってはいけないこと≫
◆水拭き……余分な水分を取ってしまうので逆効果!洗剤を使っていてもダメ。
◆叩いちゃダメ!!……トントン叩くと部屋にカビが蔓延してしまいます。
◆いきなりのから葺き……いきなりカラ拭きはダメ!!畳の目の奥にカビが入り込んでしまいます。
※畳の天敵は湿気です。
いづれも、畳表をしっかりと乾かしてください。
畳表を触ってみて、べたつき感があれば畳表が湿っていますので、
風を入れる、またはエアコンのドライ機能や除湿器を使うなどして、畳をしっかりと乾かしてください。
濡れた雑巾でのお掃除は、畳の黒ズミや痛みの原因となります。
どうしてもの場合は、熱いお湯で雑巾をかたく絞ってから使用し、
乾いたタオルなどで必ず乾拭きをしたのち、しっかりと乾燥させてください。

※塩素系のカビキラーは、畳の変色の原因になりますので、お勧めできません。

※あまりにもカビが大量に発生したり、どうしていいかわからない時には、
畳店に相談してみるのもいいと思います。
費用はかかりますが、適切な対応をさせていただきます。
FJホームにご相談ください。

 

以上、畳にカビが発生した時の処置のお話をしました。

次回は、カビを予防するお話をします。

※畳に関するお悩みは、FJホームにお任せください。
お気軽にどうぞ!!!