※畳の天敵は≪湿気≫です。

畳表に使われているい草は、吸湿性に優れている為、部屋の湿度が高い時は湿気を吸い続けます。
特に最近の家屋は気密性が高いので、自然換気が少なく湿気が部屋にこもりがちです。
畳の部屋に洗濯物を干したり、植物や水槽を置いたりすると部屋の湿度が上がる原因になります。

最初にも書きましたが、カビの発生原因は室内の湿気です。
高い状態が続けばカビ発生の確率が上がります。
とはいえ、一年中湿度の低い状態を保つのは、不可能に近いと思います。
畳は湿度が高い時は吸湿しますが、湿度が低い時はためていた湿気を放出しまので、
室内の湿度を低くしてあげれば、畳自体も乾燥します。

 

 

●日常生活の中でもできる対策としては、【換気・除湿】に気を使うことです。

換気を行なうことで空気のよどみを無くし、カビの胞子の定着を防ぎ湿気を外に追い出すようにします。
除湿は湿気を追い出す点では換気と共通しますが、
より積極的に行なうにはエアコンや除湿機などの機器類を使います。

部屋の湿度を下げる方法は、たくさんあります。
対処方法は、生活パターンや間取りなど個々の条件によって異なります。
そこで、それぞれの家庭にあった、対処方法を考えていただく事が、重要だと思います。

●換気のコツは、空気の流れを作ってやる事です。
窓が2つ以上ある場合は、一つを空気の入り口にして、少し離れた窓をあけて出口にしてやれば、
その間に空気の流れを作る事ができます。
換気扇があればより有効に空気を出すことができるので回すようにしましょう。

※空気の入り口になる窓は、全開にせずに少しだけ開けるようにすると、
空気の流れが速くなってより効率よく換気ができます。
換気は外気の湿度が低い日・時間帯に行なうようにしましょう。
晴れた日の昼間に行なうようにすると良いようです。

●エアコンや 除湿機を使って除湿する必要があります。
換気は室内の湿気を追い出すために有効な手段ですが、
長雨が続く日などのように外気の湿度が高いときは、あまり効果が得られません。
特に梅雨以降から夏にかけての蒸し暑い時期は、外気の湿度が高い日が続くことが多いです。
人が家の中で生活すると、炊事や洗濯などで かなりの湿気をだしています。
また、人の体からも水蒸気が出ているため、これも湿度を上げる原因となります。
また、熱帯魚や観葉植物など湿度を上げる原因は色々なところに潜んでいます。
湿度計を置くなどして、湿度をこまめにチェックするようにしましょう。

※家を留守にするときは、タイマーを使って2~3時間程度除湿をするようにしましょう。
それまでの生活で出た湿気を取り除くことができます。
特に、共働きなどで家を閉めきる機会が多いお宅では、この方法は有効です。

また、家具は壁にぴったりとつけずに少しあけておけば、家具の裏側の掃除がしやすくなり、
空気を通りやすくして湿気がこもりにくくすることができます。
できれば、、年2回程度「畳干し」をするのが理想です。


●次に注意していただきたいのは、

「畳の上にカーペットなどを敷かない。」ことです。
これは基本中の基本なのですが、お客様が最も出来ていないことです。
畳の上にカーペットや上敷きを敷くと、畳が吸収した湿気が発散できず、
湿気がこもった 状態になってしまいます。


●そして「極力室内には洗濯物を干さない。」ことです。

どうしても干す場合は、浴室に干して換気扇をまわすようにしましょう。


●加湿器を過剰に使わないことも重要なポイントになります。

冬の暖房の効いた室内では、窓や外気に接した壁側に「結露」をおこしやすくなります。
結露はカビを発生させる原因になるので、湿度を上げすぎないように気をつけましょう。

 

★「換気、日頃の掃除の励行を!!」
まず、晴れた日の昼間などには換気、そして毎日の掃除を習慣づけるようにしましょう。
また、畳干しや、年に一度はタンスの裏などにたまったホコリなども取り除く為に大掃除を。

畳は現代住宅の中では最も自然に近い素材の一つで、住む人に快適さを与えてくれます。
しかし、同じ生き物であるカビ・ダニにとっても住みやすい環境となりえます。
それならば、せめてカビ・ダニの繁殖に必要な条件を一つでも取り除くような習慣をつける事が
最も有効な対策となるのではないでしょうか?

 

畳についてご質問、ご相談がある方は、
FJホームまでお気軽にメールでご相談ください。