ひと時代前、私が子供の頃にどこの家にも当たり前にあった和室が、
「オシャレじゃあない」「時代遅れ」と敬遠されるようになり、
今は、畳のある和室がどんどん減ってきており、
和室のないフローリング主体のマンションや家が増えてきています。

でも、実は、畳・和室こそ、子育て世代に最適なんです。

子育て世代の方に、是非、和室を上手に活用していただくことを提案します。

 

子供が小さい時は、和室に布団なら、ベッドのように落ちる心配がありませんし、
親子川の字になって寝る安心感もあります。
また、ちょっと座布団なんかをひいて、オムツ替えやお昼寝に便利です。
(実際、フローリング床にカーペットをひいた上に寝かせるのに抵抗のある人が多いです。)

また、子供が動き回る様になってくると、畳はフローリングよりもほどよいクッション性があるので、
転んでも怪我をしにくいので、安心して遊ばせることができます。

そして、子供がやんちゃ盛りになると、フローリングに比べて、畳は吸音性に優れているので、
下の階への音が響くのを軽減してくれます。
(子供の足音は結構階下に響くものです。)

い草の香りや色や感触には、鎮静・リラックス作用があり、集中力を高める効果も確認されているので、
勉強部屋にも向いています。

このよう子育て世代にこそ畳・和室を取り入れて見てはいかがでしょうか!?

畳のことなら、畳一級技能士のいる【FJホーム】にご相談ください。