2018年度の「神戸市技能奨励賞」に
社長 福井眞行人が選ばれ、神戸市役所で表彰されました。

【2019年4月1日 神戸新聞掲載】

ありがとうございました。
この賞をいただき、なお一層精進しようとあらためて気を引き締めております。。

昨今、畳の需要は減少し、畳屋さんの数も減ってきているのが現状です。
しかし、『やっぱり、日本人には畳でしょ!!』というおもいが常にあり、
私の夢は、座敷(畳敷きの居間)を復活させることです。
【畳でごろ寝でくつろぐ心地よさ!!】を実感してもらえる部屋を一つでも多く造りたいと思っています。

また、【日本の伝統としての畳】の保存して伝えていくために、
なお一層勉強していかなくてはならないと、心を新たにしています。

今後ともよろしくお願い致します。